口コミや評判のいい全身脱毛サロンを町田で探している人は要チェック!

気をつけて!脱毛前後の飲酒トラブル

    

脱毛施術前後の飲酒についての注意点

脱毛はもうすっかり女性にとって定着した感があります。

日常の美肌保持のほかにも、ブライダルなどの特殊な機会、あるいは夏に向かって露出の頻度が多くなる前にと、脱毛を行う方も多いかと思います。

とは言え、同じビューティー系のヘアスタイルやエステと違い、やや医療よりになります。
そのためどうしても気を付けなければならない点があります。

例えば、日焼けや投薬中や病気中などは相談が必要です。

では、飲酒はどうでしょうか。

ここでは、脱毛と飲酒の関係についてまとめてみました。

 

術前日の飲酒はOK?

基本的には前日の飲酒は控えて下さい。

では何故前日の飲酒は控えるべきなのでしょうか?エステサロンでの脱毛は主に光脱毛といわれます。
肌に光を照射するのですが、複数の波長が体毛や毛根に作用します。
アルコールが血行中に残っていると、光の波長に影響を受けるのです。

アルコールを摂取していると、体内の水分が減り、全体に体温が上がります。
飲酒するとアルコールによって血行が良くなりますが、その結果体温が上がります。
特に女性は肌が敏感で、男性より皮膚が薄いと言われています。
脱毛処理のための光が、皮膚に対して通常より強く刺激を与えてしまうことがあります。
施術中にも痛みを感じることもあり、施術後も肌に軽いやけどや肌荒れのもとになることもあります。
また、過剰反応やかゆみなどもおきることもあります。
では、エステの光脱毛ではなく、クリニックでのレーザー脱毛ではどうでしょうか。
こちらはもっとダメです。
そもそもクリニックなので医療行為になりますが、通常医療行為前に飲酒が認められるはずがありません。
レーザー脱毛は光脱毛より、より強力な波長で治療します。
アルコールによって肌から水分が減少しているところに、強力なレーザーが照射されることで、より水分が減り、やけどになる可能性が高まります。
また、肌に熱がこもったようになり、通常より熱さ、痒みなどを感じやすくなります。
肌に異常をきたすと、そもそも脱毛の効果に悪影響がおきることがあります。
肌が荒れる、痒みが生じる、肌が乾燥するなどの副作用は、脱毛効果を落とすことになります。

このようなことがないように、脱毛施術の前日の飲酒は控えたほうが良いでしょう。
仕事などの関係でどうしても飲酒してしまったら、まずはサロンやクリニックに相談することが大切です。
状況によってはキャンセル、延期になるかもしれませんが、体調を崩してしまったり、せっかくの脱毛効果が低くなったりでは、高い料金を支払って行う脱毛行為の意味がなくなります。

施術後の飲酒はOK?

では、施術後の飲酒はどうでしょうか?これも控えるにこしたことはありません。
前述した通り、光脱毛であれ、レーザー脱毛であれ、強い光を照射されていることで、全体に肌に熱がこもっています。
この状態が落ち着くまでは飲酒を控えましょう。この状態でアルコールが摂取されると、前述した症状と同様の現象が起きることがあります。肌に痒みや赤みなどがおきるなど、軽いやけど症状をおこすこともあります。
飲酒の前後に様々なトラブルがおきることはご理解いただけたと思います。
では、どの程度期間をおけば飲酒が良いのでしょうか。まずは施術前の飲酒は前日と考えてよいです。
ただし、通常で考えれば飲酒から24時間以上のインターバルが必要であると考えてください。
施術後の飲酒については決まった期間はないと考えた方がよいかもしれません。というのは施術直後の肌は、それなりに負担がかかっています。前述した通り、熱がこもった状態です。肌に火照りや赤みなど残っているうちは飲酒を控えて下さい。

以上、脱毛と飲酒についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。脱毛は各地で随分とクリニックもサロンも増えているようです。今回の調査では主に東京都内の新宿、町田、渋谷などのクリニックもサロンを中心にリサーチしてみましたが、意外と飲酒に関するトラブルがあるようです。今後、脱毛をご検討している方はよく検討していただくことをおススメいたします。

 

ランキングはこちら