口コミや評判のいい全身脱毛サロンを町田で探している人は要チェック!

毛抜きによる脱毛をすべきでない理由とは?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/30
    

自己処理でムダ毛の処理をする場合、毛抜きを使ってする人も多いですが、実はこの方法は絶対に避けたほうがいいと知っていますか。もし今も実施しているのであれば、なるべく早くやめてほかの方法に切り替えたほうが、脱毛効果が高いばかりでなく身体の安全も図れるでしょう。

毛抜きやピンセットの使用で起こること

家の中で手軽にできる脱毛方法として知られている毛抜きやピンセットですが、実は肌に大きなダメージがあるのです。抜くときに毛が引き連れて痛みを感じるだけではなく、毛をつかもうとして健康な皮膚をつかんでしまい、怪我をすることも少なくありません。

また、毛を抜いた後の肌が内出血を起こしてしまう場合もあるため、抜いた跡が青黒く残ってしまう可能性が高いです。肌や毛穴が引っ張られて出血すると、毛穴部分を治すために自己治癒力によって毛穴に皮膚が張られ、埋没毛になってしまう可能性もあります。

埋没毛は薄皮の下に毛が生えてしまうことを指し、放置しておくと皮膚の下に毛が生えている状態になってしまうのです。皮膚を破って毛を抜くことは皮膚に跡を残す可能性や破いた部分が色素沈着を起こす可能性もあるため、避けたほうがいいでしょう。

また、毛嚢炎になってしまうリスクもあります。毛穴が細菌によって浸食され、炎症を引き起こす可能性や、色素沈着によって毛穴の跡が残ってしまう可能性も高いです。さらに毛が太くなって生える量が増えてしまう可能性もありうるため、ピンセットなどを使用して毛を抜くことは健康によくないといえます。

特に避けておいたほうがいいポイントとは

ほぼ無料に近い金額でどこでも場所を選ばずにムダ毛の処理ができるのがピンセットなどを使用したときのメリットですが、使用する時間がもったいないです。ワキだけでも実施することで、数十分の時間がかかってしまい、その時間を使ってできるはずだったほかのことができなくなってしまいます。

特に足など広い範囲をきれいにする場合は、ワキ以上の時間がかかります。ピンセットなどを使うことは手軽に毛を抜くことができて便利ですが、時間がかかるため絶対に避けたほうがいいです。

また、脱毛サロンなどに通っているときにピンセットなどを使って毛を抜く行為は、サロンでの行為を全く無駄にしてしまうことにつながります。毛根の黒い部分にレーザーや光を照射して毛の処理をするのがサロンや医療機関での方法ですが、毛を抜くと毛根がないため照射できません。結果として処理をすることができず、そのまま新たに生えてくるのを待つしかなくなるため、時間とお金を浪費してしまう可能性が高いです。

それでもどうしても毛抜きを使いたい場合

肌トラブルを避けるために、入浴後などの清潔なときに、毛穴が開いていることを確認してから実施すると毛嚢炎などを避けやすいです。また、毛の流れに沿って抜くことで、肌や毛穴へのダメージを最小限にすることができるため、自分の毛の生えている流れを確認して抜いてください。

さらに、痛みを感じる場所は絶対に抜いてしまわず、痛みを感じなくなってから抜いたほうが、肌ダメージを避けるために最良といわれています。また、衛生面でのケアが重要視されるため、毛を処理し終えたら毛穴の消毒を済ませ、アイスパックなどを使って毛穴を冷やしてください

毛穴を冷やすことで毛嚢炎などの炎症を避ける働きが高いといわれています。とはいえ、それだけやってもダメージを与える可能性が危惧されているため、できたら信頼できるサロンに出かけ、プロの手によってムダ毛の処理をしてください。

 

脱毛をおこなう自己処理の方法の一つとして、ピンセットなどでムダ毛をつまんで抜く方法がありますが、時間がかかり衛生面でもあまりよくありません。毛穴のケアをしているはずなのに毛嚢炎などが発生してしまうことはよくあるといわれているため、やめたほうがいいでしょう。

時間を有効活用することが大切といわれているため、毛穴を守るためにもサロンなどに行って時間を浪費しすぎないようにしてください。どうしても使いたい場合は毛嚢炎などを避けるために、入浴直後に衛生面に十分な注意を払って実施することが必要となります。