口コミや評判のいい全身脱毛サロンを町田で探している人は要チェック!

脱毛後に鳥肌みたいになってしまう原因と対処法

    


ムダ毛の処理方法にはいくつかありますが、それらの処理をした後にぶつぶつができたような感覚があるかもしれません。
何かトラブルが起きたのではと感じる人もいるでしょう。
この時にどんな対応をすればいいかを知っておきましょう。

 

 

 

毛穴に強い負荷がかかるとなる可能性

罰ゲームなどで髪の毛を引っ張られることがあるかもしれません。
簡単には抜けませんが、抜ける時にはそれなりに痛みがあります。
髪の毛以外も同様で、皮膚に生えているムダ毛などを抜こうとするとすぐには抜けません
皮膚が引っ張られるように持ち上がり、もう少し力を入れて引くとようやく抜けます。
痛みが強く出る時もあれば痛みがない時もあります。
時には出血をするときもあります。

痛みがあるにしてもないにしても、皮膚にはそれなりに強い負荷がかかっている状態と言えるでしょう。
脱毛後に鳥肌みたいになってしまう原因にはいくつかありますが、その一つに自己処理などで毛穴の部分に負荷が生じることが挙げられます。

毛抜きで抜いたり、ワックスやテープを使って行うときにもかなり負荷がかかります。
サロンは比較的負荷がかかりにくいようにしてくれていますが、それでも一定の負荷があります。
対処法としては、事前に毛穴を開いて抜けやすいようにしたり、抜いた後に冷やして毛穴の炎症を抑えるようにすると良いでしょう。
前後の処置をするかどうかで大きく状態が変わってきます。

毛が皮膚の下に残っていることで発生する

毛が抜けると、正常な毛根であればその後に新たな毛を作り出します。
そしてしばらくすると毛が外に伸びてきます。
では毛が伸びてくるときに単に毛が伸びてくるだけかどうかですが、ときに皮膚が盛り上がった状態になります。
それは肌の上から見ると毛そのものではなく皮膚の下に毛がある状態です。

今にも毛が出てきそうな状態で盛り上がっているため、手で触るとざらざらした感触があります。
脱毛後に鳥肌みたいになってしまう原因としては、処理をした部分の下に毛が残っている可能性があります。

自己処理などをすると、きれいに処理をしたつもりでも処理しきれずに皮膚の下に残るときがあります。
それが盛り上がった状態として残ってしまいます。

対処法としては、数が少ないのであれば残っている部分をきれいに抜ききればよいでしょう。
ただ皮膚の下にあるために毛抜きなどではつかめないときもあります。
数日様子を見ると次第に皮膚から出てきますから、皮膚から出てきたときに毛抜きなどで抜くようにすれば原因を解消することができます。

起こりにくい処理の方法を知っておくと良い

ムダ毛の処理の方法にはいくつかあり、自分で行う方法、サロンや美容外科を利用する方法などがあります。
それぞれにメリットやデメリットがあるので、その中から自分に合った方法を選ぶことになるでしょう。
メリットやデメリットに関しては、受ける前はわからなくて受けた後に気づくこともあります。

あまりよくない状態になったのであれば、別の方法を考える必要が出てくるでしょう。
自分で脱毛処理をした後に鳥肌みたいになってしまうことがありますが、それには一定の原因があります。
毛抜きやカミソリ、その他テープやワックスなどを使ったときにも起こりやすいとされるので、自己処理で行うとできてしまう確率が高くなりそうです。

対処法としては、できにくい方法を選んで行うのが良いでしょう。
肌に優しい処理方法として知られているのがシェーバーの利用です。
カミソリのように表面の毛を切っていく方法になりますが、カミソリよりも肌へのダメージが少なくなります。
ですからひりひり感などもなく、ぶつぶつもできにくくなります。
処理スピードもカミソリよりも早いかもしれません。

 

処理の方法によっては肌に刺激があるため、それが影響してぶつぶつができてしまいます。
処理前に毛穴を開くようにし、処理後に毛穴を閉じる措置をすれば起きにくくなるでしょう。
シェーバーを利用すると、他の方法よりもぶつぶつはできにくくなります。